渓流釣り上達に感動。

    渓流釣りは  次の一手、またその次の一手、

の状況判断で釣果は変わります。


最初の一手が悪いと、魚は違和感を感じます。

最初の一手が良いと、魚は好奇心でエサに興味を持ちます。


その一手がお二人とも上手くなっていました!


 みごとに 泣き尺のキレイなイワナを釣られた。

水量が無く警戒心が高かったので、難しい状況でした。

 透明度が高い川での魚のやりとりの

イワナが泳ぐ姿はみていてたまりませんね。


それよりキャストもトレースも上手していて、

ビックリの連続。


最初は川へ降りたり、岩場を歩くのも怖がられていた奥様も、釣り師の貫禄ありますね。


しばらくして、グビーンと竿はしなりこちらも

泣き尺イワナ。    いい走りしてくれました。


毎年、エキスパート渓流フィッシングレクチャーガイドに来ていただいていますFRYさんご夫婦。


いつもありがとうございます。


この後も  プライベートでイワナを5本釣られた様でした。奥様が‥。


 秋のいい天気のもとで渓流釣り、気持ちよかったですね。


オータムファインデイ

  珍しく朝から釣りに出かけた。


最初は素振りも兼ねて景色見ながら、

ポイントへ突入。


グビーンとフライに飛びついて来た!

割と引いて楽しかった。


雨が多いので岩にコケが綺麗に生えている。


  いいサイズのが釣れた。

フライは掛けるのより、ランディングが難しい。


ほんとコケは落ち着くなー。



小さめのイワナも釣れた。


合計四匹のイワナが釣れた。


爽やかな日にイワナと遊べてよかった。




新たな昆虫フィールド発見!

来年の昆虫採集の旅の新しいポイント巡りしています。初めて採集するところは自分でも何が出るか楽しみです。

マツモムシ、このムシは刺します。

カマキリが歩いていた。

背中が茶色いのでもう秋の真ん中ですね。

   

近くの別の場所に移動。


  ルリボシヤンマが産卵していた。

すごいたくさん飛んでいた。

トンボの種類も多い。いい採集ポイント発見!

ホンモロコが入った。

子供の頃オヤジとモロコ釣りに行ったなー。

これも自然で探そうと思うと居そうで居ない魚だ。


大型の水生昆虫は居ませんでしたが、

アズマヒキガエルの子供やヤゴや小魚は多かったので、期待の高いフィールドだった。


  来年の昆虫採集の旅どんなのにしょうかな。


自然の下見

7年前に来た森の中の水たまりに来てみた。

アカガエルのオタマジャクシがたくさんいた。



場所を変えて、中型のゲンゴロウが数匹いた。

水が冷たいのになんとか見れた。


安曇野平野も白馬村と違った魅力がある。



ニホンアカガエル、ヤゴ、カゲロウの幼虫、ミズスマシ、コガムシ色々発見。


  網を入れた回数に対して、水生昆虫の捕獲率が高く、お客様と行くのであれば、良いなーと、少し納得の場所発見。無駄足に無駄はナシッング。


また 出向いて見よう。


また違う自然に出会いに。




終わらないで夏。

うちのカブト虫  成虫5匹まだ生きてます!