RSS | ATOM | SEARCH
謎のシンクティップ
子供と嫁が寝静まってから、夜にコソコソ自分の趣味の世界に没頭するのに、ハマっている。

昨夜はウエットフライのシンクティップ〔フライを沈める時に使う、重さの違う糸》



完全に浮くタイプから すごく早く沈むタイプに分かれている。 僕は7種類持っています。写真でもわかる通り ラインには重さやそのタイプの名前は書いていないので、微妙な色で見分けている。
ラインの入れ物には忘れない様に カラーとタイプを書いたメモを貼り付けてある。
でも 今年 何回も間違えて釣りをしていた。底ベタで釣りたいのにタイプ2という軽いのを使っていたり、間違いを何回もやっていた。 釣れるわけない。 理由は偏光グラス越しにラインを選んでいてカラーを間違えたり、太陽の加減で間違えてしまう。 どのメーカーのシンクティップにも ネームは入っていないのが通常。 経費節減か面倒なのか元々書いておいて欲しい。 すでにあったりして。
でも これからの為に ネームを付けておこうと、数週間前から用意しだした。


用意するもの。

■防水インジェクションプリントシール480円

 外側■シュリンクチューブ透明   熱収縮チューブMサイズ2.6mm   5センチ??8本入り 360円  内側■ウェルディングチューブ.ライト
7センチ 溶ける部分は3センチ程。  収縮チューブの中に溶けるビニールチューブが入っています。2.0mm 6本入り480円



チューブは失敗分も含めて 1.5倍分ほど購入が肝! ■ ヒートガン 1800w 通販で1680円 ■ ハカリ 正確なラインの重さを計ります。

■ 他 ハサミ、水【水はチューブを通す時に引っかかる場合のみ濡らします。】



やり方ァー
作業1 シンクティップの重さを測る。


作業2パソコンで文字の大きさを4ptか5ptでシールにプリントする。コツはフォントを変えると くっきり読みやすくなります。失敗してもいいように、各3セット印字しておく。

作業3ウェルディングチューブを通す。


通しにくい時は 少し水で濡らすか 、鼻の脂を付けて通す。
作業4 ヒートガンを5センチ程離した所から スイッチLOWで まんべんなく 全体的に仕上げます。 色が透明になれば溶けています。そして冷えてからウェルディングチューブは二重構造なので、外側の保護チューブは剥がします。ハサミで切れ目をいれて はがせます。


作業5 シュリンクチューブを熱収縮させて、更に保護します。
シュリンクチューブが長すぎるとラインの重さが変わったり、ラインのしなやかさが無くなるので、溶解したウェルディングチューブの長さよりも少し長いぐらいにカットして通す。



コレで完成!




気合いの割に ヘタッピです。
最初からうまくいかないものですね。

必要無いものでも 為になりそうな予感がするものはやってみる事にしてます。 このネーム入れも 実際 ラインを仕舞うポーチの
ポケットにネームを記入できれば必要ない、 けどやってみると発見がありますね。

ラインの重さも初めて測りましたが、意外とグラム数に差がない事に驚きました。もっと 重さのメリハリがあるのかと思っていたので、フライフィッシングはほんと繊細だなーと。またまた難しさを目の当たりにしてしまいました。


また丁寧に説明書きがあるホームページでみてやりましたが【加藤毛針店さん】やってみると気にもとめない微妙なところが難しかったです。


釣りは釣るという実践以外に、こういった作業が楽しさをくすぐりますね。
あと 夜の趣味の作業の時に 飲むお茶やお菓子を選ぶ快感。 その時に流す ユーチューブや音楽セレクト。


ほんと夜の世界たまりませんね。


2時間ぐらいで完成したんですが、 夜中の1時で 起こさない様にそーっと 寝間にいくと 、 嫁さんがのスマホが光っていた、 なんと冬のスノーブーツを物色していた。 こっちにも趣味の世界が いや 買い物の世界があった事に 拍子抜けした。
ん、、?買い物の世界? ただの ネットショッピングやんけー。

さぁ次は何の世界に 浸ろうか。
author:imany, category:-, 19:27
comments(1), -, - -
2016年滑走1日目


昨日 白馬コルチナスキー場オープンしました。 スクールは土日のみの
営業ですが、徐々に本格営業に向かいます。



ついに初滑りです。

毎年 初滑り前に 自分だけの滑りの研究ノートを読むんですが、今年はやめました。

新しい感覚を掴む為に 去年の事はあえて忘れて、初滑りの感覚にかけて、いどみました。
ノートにつけてる事もほとんど勘違いな事が多いですが、ここ五年は書いてます。 どう勘違いしたかも書いてあります。

今シーズンもそのうち 読み返すでしょうが、しばらく様子をみたいと思います。

そして 今日 新しい発見は
ありませんでしたが、ターンの雑になりやすい部分を発見できたのと、去年にノートに書き忘れた事も 2つ思い出す事ができました。

今年こそは思い描く滑りでビューンと行きたいもんです。
割とお客様も多く、楽しくカップルで滑られる方や、ちゃんと練習してる方もいた。
今シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。 テーマは新感覚と深く楽しくです。
author:imany, category:-, 14:58
comments(0), -, - -
雪の到来。
白馬村はもっと積もっている。
少し離れるとこんな景色をみた。



ここから下は雨だった。

明日からスノーボードスクール
少しづつ開始ー。
author:imany, category:-, 16:31
comments(0), -, - -
ご飯はナイスな景色

 

  これも いつの写真かなー  オオイデからとった写真

 

山は おおきいな。

 

 

 

 

これは1カ月前の近所の紅葉。

 

昨晩 雪が降りました。

グリーンシーズンを振り返っている場合では無いですが、

普段から 景色って 見まくってるな〜とつくづく思う。

 

変化する景色が楽しいですね。

author:imany, category:-, 17:31
comments(0), -, - -
野鳥の観察

 

これは10月半ばだったか、家の周りを野鳥たちが 良く鳴いているので

子供にまじかで見せる為に ひまわりの種を置いた。

 

いつも 裏の森にいるのはシジュウカラの家族。

 

この写真の鳥はヤマガラだ。

 

 

20分ほどすると仲間も来た。

 

シジュウカラは高い枝の上で様子をみていた。

 

種が少なくなると、催促するかのように、独特の「ギユッ  ギュッツ」と鳴く。

 

そのあと1カ月ほど 毎朝 家に飛んできていた。

 

11月の後半にはあまり見なくなったが、くるみ(犬)の散歩のときに

おそらくそうであろうという、シジュウカラとヤマガラの集団(昆群)を見つける。

 

また 春になったら 遊びに来るかな。

結局 子供に見せるのではなく 自分で楽しんでました。

 

餌付けは生態系を乱すとも言われています。

ほどほどに〜。

 

 

author:imany, category:-, 18:14
comments(0), -, - -