キャッチ&リリース&禁漁なしの世界

白馬、小谷の渓流釣りは9月末で一旦シーズンオフ。 隣町の大町市の犀川では年間通して渓流釣りができる。大きな河川で本流の釣り。

今年も10月に入っていってみました。
誰に頼まれたわけでもありませんが。
行きました。

どこもかしこも釣り人でポイントに入れないで、
渋々他のポイントへ。

釣りのガイドやってる職業病で、
まわりの人が釣ってくれたら
嬉しいのでキョロキョロしながら周りの釣果が
気になってしばらく釣りにならなかった、
ようやく気温があがってきて、対岸の方6名のほとんどがレインボーをつり上げられて、ひとりのかたは55センチのを釣っていた。

最後につれていないのは僕だけかと
思った瞬間だった。
2匹のニジマスが釣れました。



45センチと35センチ

他人の釣りを見てるのが楽しいです。

あといつも思うんですが、
僕も含めておっさんが多いので若い人達にも
とんどんやってほしいです。



安曇野トラウト遠征

秋晴れの高瀬川

白馬以外でのトラウトフィッシングはなかなか行く機会が無い(夏は店)、今回は犀川(サイガワ)高瀬川・穂高川・安曇野平野近郊には気になる川はかなりあるので、そっち方面へ行く事にした。

  犀川到着・・・・ここは有名なポイントなので6時半到着ですでに6人ものフライマンが陣取って釣っていた、ほな下流へ・・・・そこにもエサ師のおじさんが・・・結局その間でやることにした。

 久々の本流の釣りに戸惑いながら・・・そう今回はルアーで・・・
本筋は流れが速いので足元に居そうな予感が的中して2匹の30センチの
ニジマスをスプーンでヒット、そして30分後上流から茶色の水が入って釣りづらくなったので場所移動。

 少し走って高瀬川へ・・・つり出して10分たぶん有望ポイントから移動してきたのか僕の上流にたちはだかった。  飛び越して上流へもう800mぐらいは川沿いや川の中を歩いた汗だくになって、いいポイントに入った。

 スプーン・スピナー色サイズを変えて・・・・結局最後には水深があっててなかったのか、ディープダイバーにヒットした。

42センチのレインボートラウト

  この感触・・・ぐいぐい引く・・・・流れに入って更に引く・・・
タックルはバスのトップ用のベイト竿とリールでやっているのでやわらかい竿はいい感じでしなってくれて魚とのテンションが保たれる・・・・そして
ランディング。

  ボテットした健康な漁体は秋の光りに反射して綺麗だった。  




 
1