野鳥の観察

 

これは10月半ばだったか、家の周りを野鳥たちが 良く鳴いているので

子供にまじかで見せる為に ひまわりの種を置いた。

 

いつも 裏の森にいるのはシジュウカラの家族。

 

この写真の鳥はヤマガラだ。

 

 

20分ほどすると仲間も来た。

 

シジュウカラは高い枝の上で様子をみていた。

 

種が少なくなると、催促するかのように、独特の「ギユッ  ギュッツ」と鳴く。

 

そのあと1カ月ほど 毎朝 家に飛んできていた。

 

11月の後半にはあまり見なくなったが、くるみ(犬)の散歩のときに

おそらくそうであろうという、シジュウカラとヤマガラの集団(昆群)を見つける。

 

また 春になったら 遊びに来るかな。

結局 子供に見せるのではなく 自分で楽しんでました。

 

餌付けは生態系を乱すとも言われています。

ほどほどに〜。

 

 

ありがチョウ

今年のグリーンシーズンの写真を
だしまーす。

これは 池田町の公園で撮った。  ツマグロヒョウモン

人間の様に愛し合ってる 夫婦をたまに目にする。

上下とも アサギマダラ 雨が少ない夏にはどこでなにをしてたのだろう。

天候が落ち着いたら どこからか そっと 出てきた。

これはウラギンヒョウモン  だろう。

いつどこで 撮ったか覚えていない。

なんだろうこの花は  ブッドレアだったけ?

今年も 何かの合間にチョウが季節を楽しませてくれた。

ありがとう。

キラッとした。


家の前のススキが3時の太陽の光で
透けてキレいでした。


きれいでした。

きれいだった。

ただただきれいだった。

野鳥の冬支度




モズの速贄 はやにえ といって
モズと言う鳥が冬を迎える為の保存食を
木の枝に刺しておくという行為!

夕方 短い犬の散歩の時に たまたま目にした。カエルや幼虫のは見た事はあったけど、ニホントカゲは初めてでした。

渡り鳥や色々な野鳥が 最近 目につく、生き物はカワイイしオモシロイ。

枝に上手にトカゲを刺してある。
トカゲにすれば迷惑で残酷、鳥は無ければ生きて行けない。
この写真 グロテスクで申し訳ないですがこれも1つの生き方ですね。



カメラにあるグリーンシーズンの写真
またみせますね。

石川県手取川 鮭有効利用調査 2016

今年も行ってきました。
1人で。
車中泊して2日も釣らせてもらいました。 有効利用調査
です。 メスを捕獲したり、遡上数を調査するために行われる、サケ釣り。

元々はフライフィッシングでの予定でしたが、今年は護岸が確保できないので、無くなりました。

ルアーで行く事にしたんですが、
スプーンのかわりにフライの毛針をつけて、色々なパターンを試しました。 1日目目はほぼ、毛針で釣りました。 これで次回フライフィッシングで参加して釣らなければ、釣りのやり方が悪いということ。





2日目はスプーンメインで動きや
カラーローテーションを試しながらやりました。 合計19匹釣りました。
オス5匹釣れた時点で終了なので、
メスだけを釣るのも研究してみました。









周りにも釣り人がいるので、
比較しながらやったり、釣り自体への取り組み方も千差万別で興味があったので、話しかけて、たくさんの方とお話もできて勉強になりました。



偶然にも 白馬村の方にも出会いました。

今年はあともう一回行きます。

遊びというより、修行みたいな感じでしたが、 ごっつい楽しかったです。


もっと 発見ありそうです。