石川県手取川 鮭有効利用調査 2016

今年も行ってきました。
1人で。
車中泊して2日も釣らせてもらいました。 有効利用調査
です。 メスを捕獲したり、遡上数を調査するために行われる、サケ釣り。

元々はフライフィッシングでの予定でしたが、今年は護岸が確保できないので、無くなりました。

ルアーで行く事にしたんですが、
スプーンのかわりにフライの毛針をつけて、色々なパターンを試しました。 1日目目はほぼ、毛針で釣りました。 これで次回フライフィッシングで参加して釣らなければ、釣りのやり方が悪いということ。





2日目はスプーンメインで動きや
カラーローテーションを試しながらやりました。 合計19匹釣りました。
オス5匹釣れた時点で終了なので、
メスだけを釣るのも研究してみました。









周りにも釣り人がいるので、
比較しながらやったり、釣り自体への取り組み方も千差万別で興味があったので、話しかけて、たくさんの方とお話もできて勉強になりました。



偶然にも 白馬村の方にも出会いました。

今年はあともう一回行きます。

遊びというより、修行みたいな感じでしたが、 ごっつい楽しかったです。


もっと 発見ありそうです。

白黒ではない天気。


大賑わいの犀川

15年前から犀川で
釣りをしてる僕としては、こんなに犀川に釣り人が来るようになるとは思いもしませんでした。 昔は平日に釣り人と会うことは全く無く、土日に1人会えばいいぐらい。 キャッチアンドリリース区間の整備がはじまって漁期が延びて、たくさんの人でにぎわっている。
釣りに関して言えばライバルが増えることになるが、釣りが信州で盛り上がる事はすごくハッピーでいい事に思います。
ただ たまに これから釣り下ろうとする

またキャッチアンドリリース区間は10キロぐらいの距離があるので、先に釣られている方の邪魔をしなくても今の釣り人の人数ですと、分散できると思います。
狭い釣り堀なら竿は重なるかもわかりませんが、自然の川で釣る楽しさは思い切り釣りができる事も醍醐味だと思います。

さて さて今日は土曜日でしたが、行ってみました。

まだ試行錯誤の連続ですが、
上の写真のブラウントラウト30センチと 小さいニジマス1匹でした。もっとレベルをあげないといいサイズのは釣れなさそうですね。 今日は眠たくてもフライを巻こう。お願いされているイラストも描かないと。


明日は釣り大会があるそうだ。

ニジマス56


お陰様を待ちまして、今年も無事に楽しくグリーンシーズンの営業を終えました。 ありがとうございます。

さっそく自分の釣りいきました。 これは白馬ではありませんが、犀川で昨日フライで釣りました。他にも40センチ1匹は釣れましたが、これは57センチ2ミリ足らずでした。
ウェットフライではなかなか釣れてなかった大物なのですごくうれしかったです。 ヨナヨナ フライを巻いたり、釣りの映像を見たりしました。 長野県にはフライフィッシングのショップが遠くて店舗数も少ないので、通販でフライを巻く羽や道具を買ったり、いい釣りをする為に、プライドを投げ捨ててショップの店員さんや、たくさんの方にも色々と聞いて見ました。


渓流ではなく本流の釣りで、
道具もしっかりしたもので、白馬の釣りとは違った難しさがあります。
昨日2匹釣れて、初めてヒモがほどけたような。 感じになりこのウェットフライの釣りに少し自信がつきました。
なので最初の40センチでしたがサイズはともかく スゴくうれしかったです。

他にも たくさんの感動はありましたが、この辺にしときます。
まだまだ腕あげていきます。

次は60センチアップ目指そっ。

久々の夕暮れの釣り。

夕方暮れ暮れに ガイドの佐藤とテンカラのトレーニングに行った!

開始1分で佐藤は釣りよった。



彼は2匹で僕は1匹


僕の方がサイズは良かったけど、

彼は2匹で僕は1匹かぁー。
誰のトレーニングやねん。

カゲロウもハッチしていて、
活性は高そうだった。 ほんの30分だったけど 楽しい釣りだった。